Research × ringo-a.me

【りんご飴マン】「ふらいんぐうぃっち」PR動画を介して僕らが伝えたい事

DSC_1249

起きてドンドコドーン!

おつかれ様です、りんご飴マンです。

太陽照りつける猛暑の中、いかがお過ごしでしょうか。

飴マンはもう溶けたよ。

 

さて、今回はお知らせがありますので登場してみました。

それは…

 

 

 

パンパカパーン!

 

実は動画を1つ作らせていただきました。

漫画「ふらいんぐうぃっち」のPR動画。

この漫画、青森県弘前市を舞台にした作品なんだけど、

有難くも制作のお引き合いをいただきました。

 

何回も打ち合わせや動画編集を重ねて完成したこの作品。

せっかくだから、制作チームのことや

当日の様子、コンセプト、そして僕らが伝えたいこと

についてお話ししようと思うんだ。

誰かの参考になることを願って、

勝手につらつら書いていこう。

 

 

 

制作チームについて

まずはこの動画の制作チームだ。

うん、チームというか2人なんだけど。

 

10888723_10205075531464426_6400967742500105263_n

ラーメン屋の人だ。

 

ちがう、藤代雄一朗だ。

水曜日のカンパネラ」や「りんご娘」のMV制作監督、

CMやドキュメンタリーも手掛ける何か凄い人だ。

最近では音楽系ニュースにも名前が紹介されているから、

どこかで名前を聞いたことがある人もいるのでは。

 

彼には脚本・撮影・映像編集・音声・ディレクション…、

まぁ、ほぼ全てを担当してもらった。ありがとう。

参考:Yuichiro Fujishiro | FILMMAKER

 

image

そして僕。相変わらず酷い画だ。

同じく脚本と、台本制作などを担当したよ。

 

藤代監督とは実はこれまでも一緒にやってきているから

今回が初めてではないのだけど、

共作、という意味では第一号なのかもしれない。

 

脚本について

脚本について話す前に、

ふらいんぐうぃっち」について簡単に紹介しておくね。

 

5b370706-s

==============

別冊少年マガジンに連載中の弘前を舞台にした漫画。

黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、

青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。

今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、

又いとこの圭や千夏たちと毎日げんきに暮らしてます。

==============

 

カワイイ女の子たちのユルーい日常に、

魔女という非日常が良い具合に入り混じってて面白。

ほのぼのしながら読んでいます。

弘前ではお馴染みの景色が漫画として見れる

っていうのは市民としては何だか嬉しいところ。

 

d0131668_13251185

弘前を舞台にした、ということもあって、

実は市の広報誌の表紙を飾ったりするくらい

既にリアル弘前では馴染みつつあるのだ。

ところでこの主人公真琴ちゃんは

りんご飴を持っているね。

僕のことが好きなのかな?

 

さて脚本についてお話をすると、この話を受けたとき、

僕らとしては

漫画の世界観が現実世界に浸食しているようなストーリー

をコンセプトにしたいと思っていたのさ。

 

ただし、

読者にとっての漫画の世界観を壊したくない想いもあり

魔女が住んでいるかもしれない弘前」に少しだけ

触れてしまう、そんな作品になればいいかな、と。

 

とはいえ、やっぱり魔女なのでギミックを使った表現は

結構使ったのだけども。こちらは後ほど。

 

キャストについて

本動画の主演は2人。

DSC_1229

弘前のご当地アイドル「アルプスおとめ」の

葛西さん(左)、外崎さん(右)。

劇団RINGOAMEでもお馴染みの2人だね。

 

外崎さん演じる「はるか」はとにかく明るく、

おっちょこちょいで落ち着かないドタバタキャラ。

対して葛西さん演じる「かな」は落ち着いていて、

物知りなお姉さん的存在。

 

この2人は藤代監督のイメージにピッタリだったそうな。

実際、とても素晴らしい演技をしてくれました。

 

撮影現場について

丸2日かけて撮りまくったね。がんばった。

DSC_1193

藤代監督は前日に弘前入りしたんだけど、

りんご飴マンは嬉しすぎて深夜の3時くらいまで

彼を寝かせませんでした。ごめんね。

ところで、どうして彼は頭が爆発しているの?

 

DSC_1167

台本チェック中。実際に撮ってみて

不自然な箇所はその場で修正。

 

DSC_1190

藤代氏の凄いところは、出演者含め関係者との

コミュニケーションの取り方が上手いところ。

自分の表現したいイメージを、

キャスト目線で丁寧に説明してくれるのよね~。

ところで、どうして頭が爆発してるのかしら?

 

DSC_1095

撮影中の様子をピックアップしていくよ。

これはホウキに乗った飛行シーンの撮影なんだけど、

静止画を合わせて、まるで飛んでいるようかのように

見える手法を使っているよ。

何十枚も撮って写真を繋げていくから、

撮る方も演じる方も大変。

 

DSC_1102

それにしても、なかなか怪しい光景だね。

大丈夫かな?

 

fly01 fly02

次に映像の中で気になった人もいると思うけど、

弘前公園の空撮シーン。

 

image (16)

もちろんドローンです。

魔女がホウキに乗っているときの眺めを

忠実に再現できたんじゃないかな。

弘前城が綺麗に撮れてよかった!

 

まだ弘前では見慣れないせいか、

撮影中は通りすがりで立ち止って

見ている人も多かったね。

 

(ここだけの話、着地に失敗して

ドローン壊れたらしいぜ)

 

fly03

そして魔法のシーン。

魔法が使えるかもしれない街、弘前」なのだから、

漫画のように特定の人だけではなく、

皆が日常で魔法を使えたら面白いと思ったのさ。

異空間に迷い込んだ感を強調したかった。

 

まぁ、本当に五重塔を消したら重罪だけども。

 

僕が出した突拍子もないアイデアを

藤代監督は完璧に表現してくださいました(尊敬)。

 

fly04

動画の終盤に絶体絶命のピンチが。

女子学生2人が魔法の世界に迷い込む、

というシナリオに決まったときから、

最後に何かの脅威がやってくるというイメージはあって、

弘前らしくりんごで表現してみた。

火の玉みたいなカワイイ感じになったね。

 

fly05

そして安定の夢オチ。

世界観を現実世界に近づけすぎないようにするには

文字通り世界を変えてしまえばいいかと。

 

ameman

 

 

 

fly06

そして最後のシーン。

これは誰だか分かるかな・・・?

 

ゲスト出演ということで「りんご娘」のときさんに

真琴役として出演いただきました。サンクス!

漫画を読んでいる人は、

いかにこの風景が充実に再現されているか

分かったんじゃないかな。

 

僕らが伝えたいこと

DSC_1180

実は「観光PR用の動画を撮る」のは

今回が初めてだったんだ。

藤代監督はMV制作を介して観光産業に貢献できないか

を模索していて、今回はMVではないけれど、

ストーリーありきの作品になったね。

 

DSC_1204

何かを伝えるより、何かを感じ取ってほしい。

クリスマスや誕生日のようなプレゼントではなく、

チョコの隠し味に入れた想いが伝わってほしい。

そんなツンデレな気持ちで僕らは

日々模索しているのだと思います。

 

DSC_1137

見ている人自身が評価して、

共有されていく時代だからこそ

クオリティとメッセージをブラさず伝え続けて、

いつかは地域の産業に貢献したい。

 

DSC_1238

そんな活動にお付き合いいただける人たちと

これからも歩んでいきたいと思っております。

 

この作品に関わった全ての関係者の皆さんに

厚くお礼申し上げます。

そして何より弘前観光コンベンション協会さん、

本当にありがとうございました!

 

・・・そして!!

 

UNIQ_55e59e756d72ec20d0c8775eb24778fd

アニメ化決定!!
おめでとー!!
これで「ふらいんぐうぃっち」が

ますます有名になるんじゃないかな!

 

・・・ということで!!

 

実はりんご飴マン、

「ふらいんぐうぃっちの舞台巡り」

ツアーやってます。

 

159_001 (1)

弘前公園を中心に、漫画の舞台となった場所を

みんなでりんご飴をペロペロ舐めながら、

歴史や漫画の小ネタを紹介しながら巡るよ。

 

詳細・予約はこちらから↓

りんご飴マンと歩く!

「ふらいんぐうぃっち」舞台めぐり

 

先日、地元紙に一面で載りました。

どういう規模なの・・・。

 

なんかりんご飴舐めながら

弘前公園を徘徊してる団体がいる

と騒ぎになるくらい盛り上がるといいね。

 

もしこの動画でふらいんぐうぃっちに興味を持って、

舞台巡りに参加してくれる人がいたら、

何もしてあげられないけど、

少しでもそばにいるよー!!

 

ということで
実は僕も魔女だから
ホウキに乗って帰るね!!
バイバーイ!!
vZ9wGz

他の「探求×りんご飴」を読む

  • Subscribe:
  • RSS

Popular Posts

■検索