Research × ringo-a.me

人間失格の僕が太宰治を学びに行ったら大変なことになった 〜後編〜

前編はこちらから。
p1120929
太宰治を知るために突然「文豪ストレイドッグス」の等身大パネル巡りに行くはめになったりんご飴マン。今日中に帰れるのでしょうか。
 
lz_cvfou_1104100002-png「もう腹くくったよ。まずはどこから行けばいい?」
 
p1120965_1104095805-png「りんご飴マンさんのホーム、弘前です!」

 

 

太宰治 まなびの家

p1130107

ということでやってきた「太宰治 まなびの家」。もともとは藤田家の住宅なのだが、太宰が同家と親戚だったため官立弘前高等学校(弘前大学の前身)時代の約3年間、下宿したのだ。

 

 

 

p1130110

lz_cvfou_1104100002-png「うおっ! 誰これ」

p1120965_1104095805-png「太宰です」

lz_cvfou_1104100002-png「入口開けたらいきなり出てきたよ…。高校時代の太宰ってこんな感じなの?」

p1120965_1104095805-png「有名な写真は晩年のものですからね。若き太宰はとても陽気だったようですよ」

 

 

 

p1130116

青春時代を過ごした部屋。見晴らしの良い落ち着いた空間だ。

 

 

 

p1130119

授業中に書いていたとされる落書きノート。

lz_cvfou_1104100002-png「絶対授業聞いてなかっただろ」

p1120965_1104095805-png「太宰もまさかこのノートが展示されるとは思ってなかったでしょうね…」

 

 

 

p1130113

なんというか文豪・太宰治のイメージとは程遠い、学生時代のあどけない太宰がそこにいて安心した。ちょっとこじらせた太宰を見ることができる貴重な場所ですねここは。

 

 

 

p1130129

ちなみにパネルは入口前に普通に置いてあった。

lz_cvfou_1104100002-png「このイケメンは?」

p1120965_1104095805-png国木田独歩です。さぁ、次は中泊に行きますよー」

 

 

 

津軽中里駅

p1120789

着いたー津軽中里駅! 小説「津軽」でも登場する、幼少期の太宰の子守をした「タケ」に会いにいくためにここに降り立ったのだ。

 

 

 

p1120783

パネルも改札前で発見!

lz_cvfou_1104100002-png「このイケメンは?」

p1120965_1104095805-png宮沢賢治です。特殊能力名は『雨ニモマケズ』」

lz_cvfou_1104100002-png「予想外すぎた」

 

斜陽館

p1120804

そして来ましたー斜陽館! 太宰の実家でございます。太宰一家が住んだ後は旅館として町の観光名所となり、その後現在の記念館になったのだ。

lz_cvfou_1104100002-png「でけえええええええ」

p1120965_1104095805-png「10人兄弟の6男として生まれました。大家族の豪邸です!」

 

 

 

p1120808

実はここ斜陽館限定で、文ストのコミックスまたは小説版を持って行くと入場料の割引特典が受けられるのだ。これはありがたい。

 

 

 

p1120809

本人パネルあったー! さすが実家!

 

 

 

p1120814

いっけめーん!!!!

 

 

 

p1120818

建物の立派さからものすごいボンボンのように感じていたけど、実際にガイドさんの話を聞いて中を歩いて見ると幼少期の太宰も大変だったんだな…と感じることができるよ。これはぜひ現地を訪ねてみてください!

 

 

 

s__557075

ちなみにここではコラボ商品も販売されている。りんご飴マンのおすすめは石炭クッキー

 

 

 

p1120918

どう見ても石炭なのだが食べてみてビックリ。ぜひ試してみて。

 

 

 

太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)

p1120828

斜陽館から徒歩圏内のこちら、太宰治疎開の家。もともとは太宰のお兄ちゃん夫婦が建てた離れの家なんだけど、その後疎開した太宰が暮らした場所らしい。

 

 

 

p1120831

2人いた。

lz_cvfou_1104100002-png「左のコワモテ風イケメンは?」

p1120965_1104095805-png織田左之助です」

 

 

 

p1120835

ここの注目スポットは何と言っても太宰が執筆のために使っていた六畳間! ここで執筆した作品は20を超えるとのことで、太宰がここに長い時間腰を落としていたことがわかります。

 

 

 

p1120835-copy

lz_cvfou_1104100002-png「めっちゃそれっぽい」

p1120965_1104095805-png「実際に物書きがここを訪れ、座るとアイデアが降りて来るという逸話があるらしいですよ」

 

 

 

p1120852

p1120965_1104095805-png「どうすか?」

lz_cvfou_1104100002-png「はいいくぞー」

 

 

 

金木駅

p1120854

太宰実家の最寄駅ー! きっと幼少期は数え切れないほど来たんだろうね。

 

 

 

p1120856

はいいたー!

lz_cvfou_1104100002-png「このイケメンは?」

p1120965_1104095805-png「主人公・中島敦です」

lz_cvfou_1104100002-png「えっ、主人公って太宰じゃないの?」

p1120965_1104095805-png「そうなんです。この中島が餓死寸前で彷徨っていたとき、入水自殺をしそこねて川を流れていた太宰を助けるところから物語ははじまります」

lz_cvfou_1104100002-png「展開がカオスすぎてついていけない」

 

 

 

伊藤忠吉記念図書館

p1120860

どんどんいくよー!

 

 

 

p1120861

いたー!

p1120965_1104095805-png坂口安吾です」

 

 

 

喫茶店「駅舎」

p1120870

つぎー! 太宰が子供の頃によく遊んだ芦野公園の喫茶店ー!

p1120965_1104095805-png「桜が有名なエリアで、太宰もよくお散歩をしながら作品の構想を練っていたと言われています」

lz_cvfou_1104100002-png「文学ファンにはたまらないロケーションだね」

 

 

 

p1120865

はい!いました。

p1120965_1104095805-png中原中也です」

 

 

 

p1120868

オシャレなカフェでゆっくりしたかったけど時間がないのでまた今度お邪魔するとしよう!

 

 

 

かなぎ元気村「かだるべぇ」

p1120874

息切れしてきた。太宰の親戚宅だよー!

 

 

 

p1120877

ゲッツ!!玄関にありました。

p1120965_1104095805-png谷崎潤一郎です」

lz_cvfou_1104100002-png『春琴抄』の人か! なんか大学のキャンパス歩いてそう」

p1120965_1104095805-png「飴マンさん、中に入ってみてください」

 

 

 

p1120889

lz_cvfou_1104100002-png!!!! 囲炉裏だー!!!

p1120965_1104095805-png「そうなんです、ここの素晴らしいところは囲炉裏が現役であること!! 今の時代、津軽中探したってなかなか出会えません」

lz_cvfou_1104100002-png「この雰囲気でいただく郷土料理とか、想像しただけで素敵すぎる」

p1120965_1104095805-png「今度マジで飲みに行きましょう(真顔)」

 

 

 

でる・そーれ

p1120903

お次は津軽鉄道本社の1Fにあるこの食事処。パネルなんてあるのか…?

 

 

 

p1120905

ありましたー!!

p1120965_1104095805-png泉鏡花です」

lz_cvfou_1104100002-png「かわいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃx!!!!

p1120965_1104095805-png「今日一テンション上がりましたね。ここでもコラボ商品を取り扱っているので、見て行きましょう」

 

 

 

p1120907

おすすめは「立佞武多れあちーず」。味はもちろん、箱がかわいくて小物入れにしたくなる。商品なくなり次第終了なので急いでー!

 

 

 

p1120897

ちなみに「でる・そーれ」のおすすめは津鉄汁。青森シャモロックをつかった、ダシの効いた絶品汁。これは立ち寄ったら絶対に食べてもらいたい。

 

 

立佞武多の館

p1120897

はいお次はこちら!

lz_cvfou_1104100002-png「でかすぎる

p1120965_1104095805-png「高さ20m以上の立佞武多(たちねぷた)を常時展示している施設ですからね」

 

 

 

p11208971

いたー!

p1120965_1104095805-png江戸川乱歩です」

 

 

 

p1120823

lz_cvfou_1104100002-png「…これで11箇所目、あともう少し! 次はどこ?

p1120965_1104095805-png「次は…、あっ!」

lz_cvfou_1104100002-png「どうした?」

p1120965_1104095805-png龍飛崎ですね」

lz_cvfou_1104100002-png「!?」

 

 

 

説明しよう、龍飛崎とは−−−−

p11208972

ここである。

lz_cvfou_1104100002-png「本州の先っぽじゃねぇか

p1120965_1104095805-png「まさかこんなところにパネルがあるとは。でも太宰ゆかりの地なら仕方ないですね。行きましょう」

lz_cvfou_1104100002-png「同じ津軽でも100km以上あるけどな」

 

 

 

p11208974

初秋の紅葉を楽しみながらも、僕たちはだんだん口数が少なくなっていった。

 

 

 

p11208973

途中、延々と進む山道の果てに通行止めのパネルを見たときは心折れそうだった。

lz_cvfou_1104100002-png「帰ろう

p1120965_1104095805-png「ダメです! Uターンしますよ」

 

 

 

p1120654

そして、本州の先っぽに到着すると、ある旅館を見つけた。

p1120965_1104095805-png「地図だとここみたいなんですけど…」

lz_cvfou_1104100002-png絶対違うでしょ

 

 

 

龍飛岬観光案内所

p1120652

玄関を開けると、とても笑顔が素敵なスタッフさんが出てきた。

lz_cvfou_1104100002-png「あのーすいません、何言ってるかわからないと思うのですが、ここに文豪ストレイドッグスのパネルがあると聞いてきたのですが…」

tappi1「はい、こちらへどうぞ」

lz_cvfou_1104100002-pngあんの!?

 

 

 

 

p1120607

本当にあった。

 

 

 

 

p1120605

2つあった。

p1120965_1104095805-png「情緒ある旅館にこのパネルはシュールすぎる」

lz_cvfou_1104100002-png「これを持って来たスタッフに拍手を送りたい」

p1120965_1104095805-png「金髪の青年がジョン・Sで、ラスボス感漂うキャラがラヴクラフトです」

lz_cvfou_1104100002-png「なるほど。それはいいんだけどさ、」

 

 

 

p1120606

lz_cvfou_1104100002-png「でかくね?」

 

 

 

p1120609

太宰が「津軽」を執筆する折、実際に泊まった宿。現在は観光案内所として生まれ変わっている。

 

 

 

p1120628

きっと彼はこのように火鉢に日本酒を入れ、凍える津軽の大地で熱燗を味わっていたのだろう。

 

 

 

p1120657

いつもどおりコートに袖を通さず、まっすぐ海だけを見ていたのだろう。

 

 

 

p1120644

眠れない夜に、天井の模様をぼーっと見つめていたのだろう。

 

 

 

p1120645

lz_cvfou_1104100002-png「どう?」

p1120965_1104095805-png「なにがですか?」

 

 

 

p1120664

ここは、本州の極地である。

この部落を過ぎて路は無い。

あとは海にころげ落ちるばかりだ。

路が全く絶えているのである。

「津軽」より

 

 

 

p1120650

なにはともあれこれで12箇所目。

p1120965_1104095805-png「とうとうラストですね」

lz_cvfou_1104100002-png「あんまり聞きたくないんだけど…最後はどこ?」

p1120965_1104095805-png深浦町ですね」

lz_cvfou_1104100002-png「」

 

 

 

説明しよう、深浦町とは−−−−

p11208975

ここである。

p1120965_1104095805-png「海沿いを100km…て感じですかね」

lz_cvfou_1104100002-pngもう殺せーーーー!!!!!殺してくれーーーーー!!!!!

p1120965_1104095805-png「ここまできたら行きましょう!」

 

 

 

p1120687

走り出した飴はもう止まらない。途中偶然出会った「たっぴの母さん」にお土産を買わされ、ラストスパート。

 

 

 

s__557064

夕暮れのドライブを楽しむ暇もなく、時間は過ぎて行く。

p1120965_1104095805-png「僕ら以外に全制覇した猛者はいるんですかね」

lz_cvfou_1104100002-png「いたら最高に仲良くなれそう」

 

 

 

ふかうら文学館

p1120923

そして降り立った最終の地。

 

 

 

p1120924

lz_cvfou_1104100002-png「あのー、ここらへんに文スト…あっ」

 

 

 

 

p1120925

lz_cvfou_1104100002-pngいたーーーー!!!!!

p1120965_1104095805-png「やったーーー!!!!芥川龍之介やーーー!!!!!」

lz_cvfou_1104100002-png「特殊能力はもしかして羅生門?」

p1120965_1104095805-png「その通りです」

 

 

 

p1120926

館内は残念ながら撮影することができなかったが、「ふかうら文学館」は太宰が宿泊した旅館を改築したもので、くつろぎ空間の窓から見える夕日と海岸は僕らの偉業を讃えてくれたような気がした。

 

 

 

lz_cvfou_1104100002-png「これで目標コンプリートですか」

p1120965_1104095805-png「そうです、コンプリートです」

lz_cvfou_1104100002-png「んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん

 

 

p11208976

やったぁぁぁああああぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっっぁぁっっぁぁぁぁっぁぁぁっぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

p1120965_1104095805-png「喜びの舞、ありがとうございます! 実際に巡ってみてどうでした?」

lz_cvfou_1104100002-png「うん! もう絶対やらないね!」

p1120965_1104095805-png「さぁ70kmくらいぶっ飛ばして弘前帰りましょう!」

lz_cvfou_1104100002-png「言うなよ…それ…」

 

 

 

 

fin

 

 

 

p1120677

p1120802

p1120813

p1120799

p1120850

 

 

 

600

 

一日一日を、

たっぷりと生きて行くより他は無い。

明日のことを思い煩うな。

明日は明日みずから思い煩わん。

きょう一日を、

よろこび、努め、

人には優しくして暮したい。

 

-太宰治-

 

 

長文駄文、失礼いたしました。

太宰ゆかりの地に、そして津軽の温かい人たちに

会いに来てね。待ってます。

りんご飴マン

 

 

14881745_675303465958270_636098971_o
(C)2016朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
『文豪ストレイドッグス×青森・太宰ゆかりの地キャンペーン』を開催!

太宰治関連施設等のコラボレーションを実施!
期間中は登場キャラクターの等身大スタンディを太宰治関連施設を中心に設置するほか、津軽鉄道によるコラボ列車「人間失格号」の運行を行うなど、TVアニメ『文豪ストレイドッグス』と津軽地域を結びつけることにより、ファンの皆さんが作家太宰治が生まれ育った地域と楽しく触れ合いながら周遊できるようなキャンペーンを開催します。

詳しくはこちら

 

 

 

他の「探求×りんご飴」を読む

  • Subscribe:
  • RSS

Popular Posts

■検索