Research × ringo-a.me

【御嶽山】「不謹慎」にさようなら~りんご飴マン、木曽に行く~

DSC_0823

土曜日の朝、6時7分。

 

 

 

DSC_0830

眠い瞼をこすりながらリュックを背負い、

薄暗い高円寺駅から中央線に駆け込む。

 

 

 

DSC_0829

ちなみに片手にはおやつのりんご飴を持っている。

 

そう、僕りんご飴マンは、

早朝からどこかに向かっていた。

 

突然ですが、

皆さんはこの映像を見たことがあるだろうか。

 

青空の上に突如灰色のモクモクとした煙が上がり、

あっという間に視界が灰で覆われる。

 

戦後最悪の火山災害となってしまった

御嶽山の噴火はどのチャンネルをまわしても

連日報道されていた。

 

そう。

報道されているニュース番組を

僕はただ見ていただけだった。

 

きっとTVでもネットでも報道されなくなるにつれ

遠い昔のことのようにすっかり忘れて、

年末に1つ思い出す程度だったかもしれない。

 

だけど、あるTwitterの投稿が、

今回のお話のキッカケになる。

 

 

 

kisokko

会ったことはないけれど、

Twitterで交流のある木曽っ子くん。

とても真っ直ぐで愛嬌のあるキャラクター。

 

僕たちぐれキャラとは決して交わることのない、

交わることのできない公式のキャラクター。

 

そう、御嶽山のすぐ近くには

木曽っ子くんが住んでいる木曽町・開田高原があるのだ。

 

そのあまりにも真っ直ぐすぎる

悲痛な叫びに心動かされたのか、

お蕎麦を食べたくなったからか、

それとも、ただの野次馬か。

 

僕はこのツイートを見た瞬間、

週末に木曽っ子くんに会いにいくことを決めた。

 

 

DSC_0833

飴マンは鉄道の旅が大好きである。

 

大学時代、目的もなく中央線で山梨まで行き、

適当な駅で降りて、温泉に入って帰ってくるという

日帰りの旅が好きだった。あと、友達が少なかった。

 

ボーっとボックス席の窓際で景色を見ながら

黄昏ているだけでとても癒されるのだ。

(しかし、それをmixiなどで日記にすると

病んでいると勘違いされた

 

人と話すことが苦手だった僕は、

鈍行列車の ゆったりとした時の流れが

一番落ち着いていられた。

 

 

 

DSC_0834

そんな黒歴史を話している間に

鈍行列車を乗り継ぎ、 目的地までもう少し。

 

 

 

DSC_0836

車窓から見える景色が美しい。

この頃から紅葉も少し色づいていた。

 

 

 

DSC_0840

そんなこんなで到着。

木曽福島駅である。

 

 

 

DSC_0841

駅前は普段はもっと観光客が多いのだろうが、

噴火から1週間、やっぱり寂しい光景がそこにはあった。

 

だけど、 火山灰が積もっている様子もない。

マスクをしている人もいないようだ。

硫黄の臭いもしない。

あれ?」というのが正直な印象。

 

さて、ここからは開田高原まではバスでいく。

実は20kmほど離れているのだが、

ここの地域はどこまで行っても200円という

恐ろしいコスパなのだ。

お財布に優しい町、木曽福島。

 

 

 

DSC_1055

長いトンネルを抜けると・・・

 

 

 

DSC_0846

開田高原だ!

美しい並木道を独り占め。

 

 

 

DSC_0853

まずは腹ごしらえをするぞー!

趣のある店構えのお店があったから入ってみた。

 

======================

開田高原 旅館 ふもと屋
〒397-0301
長野県木曽郡木曽町開田高原末川2819

======================

 

DSC_0854

店内の貼り紙が切ない・・・。

そば祭り・・・見てみたかった。

 

 

 

DSC_0857

なんだ?「とうじそば」って。

頼んでみよう。

 

 

 

DSC_0860

オオッ!

油揚げとネギで出汁をとったお鍋がドーンと現れる。

 

 

 

DSC_0861

そして美味しそうなお蕎麦が横に。

これをどうするかと言うと・・・。

 

 

 

DSC_0867

「とうじ籠」という柄のついたザルに乗せて・・・

 

 

 

DSC_0868

しゃぶしゃぶする!!

 

 

 

DSC_0871

具と一緒に寄そう!!

 

 

 

DSC_0878

薬味をのせて一丁上がり。

 

 

 

DSC_0880

いただきます。

 

 

 

DSC_2159_R-1024x680

UMEEE!!!!

 

コシの強いそばに出汁の旨みが十分に染み込んでて

とても奥深い味わい。

 

郷土料理ってこんな美味しいんだ。

あれ?これ何杯でもいけるぞ。

 

 

 

DSC_0870

しゃぶしゃぶ!

 

 

 

DSC_0871

寄そう!食べる!美味い!

 

 

 

DSC_0868

しゃぶしゃぶ!

 

 

 

DSC_0871

寄そう! 食べる!美味い!

 

 

 

DSC_0886

ごちそうさまでした。

木曽っ子くんが言っていたのは

この蕎麦だったのか。最高かよ。

皆様もぜひ行ってみてください。

これだけでも来た甲斐があったわ。

 

 

 

DSC_0890

さぁ満腹になったので帰ろう木曽っ子くんを探すぞ!

(ちなみに 、目の前の山が御嶽山である。

雲で隠れて噴火の様子は確認できず)

 

 

 

DSC_0894

!?

あれはもしかして・・・

 

 

 

DSC_0908

やっぱり!!

木曽っ子くんだー!!

ぼくだよー!りんご飴マンだよー!!

なんか写真で見るより凛々しいね!!

一緒に遊ぼうー!!

 

 

 

DSC_0917

 よいしょっと。

 

 

 

DSC_0922

準備完了。

ジョッキー飴マン。

 

 

 

DSC_0973

ここ木曽馬の里は乗馬の体験ができる神スポット。

500円から体験できて、2分でも十分楽しめるよ。

 

 

 

DSC_0930

出発進行ー!

 

 

 

DSC_0948

どこまでも広がる高原を

木曽っ子くんとパカパカお散歩。

なんて平和な光景なんだ。

 

 

 

DSC_0959

事前に入念にチェックしていた訳ではないが、

TVやネットを見て想像していた世界とはえらい違いだ。

ここ、本当に御嶽山の近くだよね?

 

 

 

DSC_0960

そして何より、りんご飴マンを快く迎え入れてくれた

開田高原の皆さんには頭が上がらない。

突然赤い顔がやってきて

たいそう驚いたに違いないのに。

 

 

 

DSC_0969

ありがとう木曽っ子くんー!!

素晴らしい体験をさせてもらいました。

 

======================

木曽馬の里

〒397-0301

長野県木曽郡木曽町開田高原末川5596−1

======================

 

 

DSC_0986

すかさずおやつタイム

名物のとうもろこし味のソフトクリームだ。

 

 

 

DSC_0989

一口舐めると・・・

 

 

 

DSC_0991

めちゃめちゃ甘い!!

毎年、ここのソフトクリームを食べるために

観光客が来るくらい人気のお店らしい。

 

 

 

DSC_0992

(ここも開田高原に来たら

絶対に外せないスポットだな、と。)

 

ごちそうさまでした!!

 

======================

開田高原アイスクリーム工房

長野県木曽郡木曽町開田高原末川4411-9

営業時間 AM10:00~PM17:00 年中無休

======================

 

それにしても本当、独り占めだな。

いいのかしら・・・。

 

 

 

DSC_0999

次はやっぱり温泉に入らないと!

 

受付のお姉さんが満面の笑みで

「顔を絶対に落として入ってくださいね♪」

と言ってくれました。

 

茶褐色に濁ったお湯が特徴で、

御嶽山を望む露天風呂はほどよい湯加減。

30分以上入っていたと思う。

いやぁ、いい湯でした~。

 

 

omiseyage

お土産も充実。

飴マンのお勧めは写真右下の

SNKYヨーグルト

植物性乳酸菌のすんき菌が入った

とても珍しくて美味しいヨーグルト。

 

良い湯でした&ごちそうさまでした!

 

======================

御嶽明神温泉やまゆり荘

〒397-0302

長野県木曽郡木曽町開田高原西野6321-1211
======================

 

 

 

DSC_1052

最後に、御嶽山を見るために山道を登ってみると、

絶景が広がっていた。

 

 

 

image (6)

写真だと少し分かりにくいけど、

左側にモクモクと白煙を噴く姿を確認。

 

 

 

DSC_0985

ぼーっと御嶽山を眺めているときに、

ふと考えていた。

 

これってとても貴重な光景なんじゃないかって。

 

 

DSC_0887

連日のニュースではマスクをして

重い足取りで歩く姿を見ていたが、

実際には標高の高いところまで行くと、

火山灰が少し積もっているレベル。

 

 

 

DSC_0900

畑にも白い火山灰が少し積もっているのを確認。

 

だけど、これだけなんだよね。

 

ご飯は美味しいし、景色は雄大だし、温泉は気持ちいい。

 

普段と何も変わらないのに、

どうして変わってしまったのだろう。

 

 

 

DSC_0978

もちろん、今回の噴火でたくさんの犠牲者が出て、

残された遺族の方の気持ちを考えると

とてもやりきれない気持ちになる。

 

懸命の捜索も届かず、年内の捜索中止を発表。

まだ行方不明者があの山にいると思うと、

軽はずみで物を言えない状況であることはわかる。

 

 

 

DSC_0998

だけど、開田高原の人たちは

今日も前を向いて観光案内をしている。

 

連日のニュースでメディアに取り上げられては

「こんなときに観光なんて、不謹慎な!」とか

「遺族の気持ちを考えろ!」と言った言葉も

直接彼らの耳には届いているのだろう。

想像を絶するストレスと不安だと思う。

 

それでも気持ちを折らずに頑張っているのに、

僕らは「不謹慎」でいいのだろうか。

 

 

 

DSC_1068

大事なのは、自分の目で確かめることなんだと思う。

確かめて、「ああ、なんだ全然大丈夫じゃん」と感じて、

できればそれを伝えていくこと。

 

開田高原の方々が叫びたい「大丈夫だよ」という一言を、

関係のない僕らが代わりに叫ぶことによって

何かがはじまる気がするのです。

 

 

 

DSC_1070

誤解を恐れずに言えば、

野次馬でも何も悪くない。

 

山の噴火を見れる機会なんてめったにないことだし、

遠くから見ている分には美しい光景だから。

 

でもせっかくだから、

美味しいお蕎麦や地酒に酔って1泊して、

旅を満喫したらいいと思うのです。

 

Facebookのいいねよりも、

Twitterのリツイートよりも、

手紙や電話の激励よりも、

直接行って「遊びに来たよ」と言う方が

何倍も喜んでもらえると思うから・・・。

 

 

 

DSC_0974

僕はりんご飴の魅力を伝えるために生まれた

ただの生ゆるキャラですが、

僕らがりんご飴をなぜか猛PUSHするように、

関係のない人が応援する文化」を

根づかせることができたら、

どんなに素敵かと思って活動をしています。

 

あまりにも独りよがりで

個人の主張の強い意見だと思いますが、

噴火から1か月、気持ちは日に日に強くなるため

ここに記しておきます。

他の「探求×りんご飴」を読む

  • Subscribe:
  • RSS

Popular Posts

■検索